『ラジエーションハウス』窪田正孝の演技やキャスト陣は漫画以上

スポンサーリンク

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』は漫画コミックで読んで知っていたので、ドラマ放映に期待大でした。

主演が窪田正孝さん(30歳)ということもあり、絶対に毎週楽しみなドラマになるはず!と見る前から思っていました。

賛否両論あるようですが、初回放送から私は

大満足です!

金属アーチファクトによる影響で脳の半分が欠けている画像を、唯織(窪田正孝)が位相画像を見つけ出し逆算して掛け合わせ補正していくシーン。

とても好きです(〃▽〃)ポッ

漫画コミックでは分かりにくかったですが、数字の羅列の中から導き出していく様子が実写化されて絶妙な演出で成されていて最高でした!

本記事では最終回までのネタバレ含む感想や、漫画コミックとの違いなどをまとめていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第2話|見せ場はあまりなかったけれど

冒頭の唯織(窪田正孝さん)と渚病院長(和久井映見さん)とのティータイムのシーンはすごく好きです。ほのぼのする(≧▽≦)

最初から引き込まれてワクワクしました。

が…

医療ドラマでは『医龍』や、専門分野系では『アンナチュラル』が一番好きな私としては、もっともっと放射線技師ならではの見せ場が欲しいところなので、少し物足りなさを感じます。

第2話の正直な感想は、子どもの成長痛はとても身近なことなので、それが実は骨肉腫だったという展開は衝撃的でした。
発見をしてくれた唯織がスゴイ!と思うのと同時に見落とされる怖さも実感…

しかも今回は、リ・フラウメニ症候群遺伝性疾患という50万人に1人の難病とのことで、さらに辛い診断でした。

ラジエーションハウス』には手術や治療シーンはありませんが、放射線技師が病変を発見できる画像を撮影してくれてこそ治療はスタートできるので、今までにない視点で面白いです。

私は原作を1巻しか読んでいませんが、ツィートを読んでいるとかなり漫画とは改変されているようですね。

最終回まで読むのを控えようと思っていましたが、原作はもっと面白いようなコメントも見たので先に読みたくなってきました。

月9枠ゆえに私が期待するよりも軽いタッチの演出になっているので、やや気持ちが冷めつつも…キャストのみなさん大好きなので来週を楽しみにしたいと思います。

第1話|原作を忠実に再現しながらも見せ場あり

初回放送の第一話視聴率は、

12.7%

だったとのこと。

先にも書きましたが賛否両論あるようですが、どんな作品でも感想は人それぞれ、大切なのは自分がそのドラマを視てどう思ったかですよね。

間延びしている」「テンポが悪い」との声も多かった第1話ですが、原作を忠実に再現するための30分拡大で、漫画で見た以上に演出も追加されていて私は夢中で見てしまいました。
リピ見して2回も(笑)

満点の星空の映像やウユニ塩湖の写真は実写ならではの美しさでホォ~!とウットリしましたし、唯織が位相画像を組み合わせて欠損部分を浮かび上がらせようとするシーンは圧巻でした。

医療ドラマは数多くありますが、普段知ることのできない放射線技師のお仕事を知るきっかけにもなって『ラジエーションハウス』はとても新鮮。

漫画コミックから入った原作ファンにも納得してもらえるような丁寧な脚本や演出だったのではないでしょうか。

私は1巻しか読んでいませんが、先入観なしにドラマを楽しみたいので、最終回を視聴してから2巻以降を読みたいと思います!

【窪田正孝】視聴者を惹きつける魅力と演技力のある役者

窪田正孝さんのオドオドした声と喋り方、漫画コミックのイメージ通りです(笑)

私が大好きだったドラマ『アンナチュラル』の久部六郎の印象が強かったんですが、第一声ですっかり五十嵐唯織に切り替わりました。

そのキャラから~の、天才的な腕を見せていく時の目力と声のギャップにやられます。
良いですね!

医療ドラマとして恋愛抜きでお仕事ドラマを極めて欲しいところですが、月9ですから主役の男性は魅力ある役者さんでないとね。

窪田正孝さん主演ドラマは期待通り!初回放送から夢中になりました。

毎週見ること決定です。

【本田翼】フジ月9ならではのヒロイン像では説得力に欠ける

甘春杏の役は、本田翼さん(26歳)です。原作も28歳という設定ですし年齢的にもピッタリなのですが…

放射線科医だけど前院長の娘として甘春総合病院を背負っていく立場の女医という役柄だけに、若く見えるけれど実年齢は30歳前後の女優さんの方が貫録が出て良かったような…。

医師免許をとるのはとても大変なことなので、唯織と出会った小学生から勉強一筋な人生を歩んできているはずなんだけど、甘いメイクと可愛い外ハネボブの髪型のせいか本田翼さんにそんな強さは見えないんですよね。

地味にスゴイ!校閲ガール』の森尾登代子の役の時は見た目から頭の良いカッコイイ女性でしたし、今回原作の杏の髪型(ロングヘア)にできないなら森尾のような大人ショートボブでも良かったのでは?

キリッとした女医として良い味が出たように思うのですが。

フジテレビですし、月9ですし、そこはリアリティよりも本田翼さんの顔の可愛さやイメージを優先してしまったのでしょうか…。
元病院長の娘で人の上に立つ医師なのに、あの髪色とメイクは(可愛いけれど)役柄としての説得力に欠ける…。

初回放送の菊島の娘・由美(森矢カンナさん・30歳)の方が原作の杏のイメージという声もあるようですね。

確かに、雰囲気が杏と言われたらピッタリくる!
意志は強いけれど育ちの良い頭の良さそうな感じも合っていますね。

原作を読んでいなかったら違和感はなかったかもしれませんが…本音な感想ですみません。

第2話以降の演技力でカバーしてくれることに期待しています!

【広瀬アリス】尊敬から恋心に発展して月9展開に?

新人放射線技師の広瀬裕乃は、広瀬アリスさん(24歳)です。名前もイメージもピッタリ!

一過性脳虚血性発作(TIA)のバスの運転手を助ける出会いのシーンも良かったです。

第1話のラストでラジエーションハウスの仲間と歩く唯織の姿にキュンときてるのが伝わってきました。

唯織に対してこれからどんどん尊敬から恋心に発展していきそうな流れですね。

お仕事ドラマとして興味のあるストーリーなので、あまり恋愛モードにはなって欲しくないのですが見守りたいです^^

ラジエーションハウスのキャストはみなさん魅力的

甘春総合病院の病院長である大森渚(和久井映見さん・48歳)の声と雰囲気が好きです。

味がありますよね~。

こういったドラマで肝心なのは脇を固めるキャスト陣ですが、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』のキャスト陣は魅力的!
面白くなること間違いなし!って期待できる役者さんばかり(≧▽≦)

実際、初回放送から好感度大!で、毎週が楽しみになりそうな予感です。

ラジエーションハウスのキャスト

  • 科長兼診療部長:
    鏑木安富(浅野和之さん)
  • 放射線技師長:
    小野寺俊夫(遠藤憲一さん)
  • 放射線技師:
    黒羽たまき(山口紗弥加さん)
  • 放射線技師:
    軒下吾郎(浜野謙太さん)
  • 放射線技師:
    威能圭(丸山智己さん)
  • 放射線技師:
    悠木倫(矢野聖人さん)

山口紗弥加さんも好きです!

アンナチュラル』でも魅せる演技で印象が強かったんですが、『ラジエーションハウス』では女性としてカッコよくて魅力的ですし、何よりも毎週見れるのが嬉しいです。

書きたいことがたくさんありますので、随時更新していきたいと思います!

まずは今晩が楽しみ♪

タイトルとURLをコピーしました