『地味スゴ』第3話お仕事と恋愛がうまく調和して最終回まで期待大

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第3話ネタバレ感想

石原さとみさんは“”と“好きな人の前で見せる顔”の切り替えが素晴らしいです。

この演技力(表現力)があるからこそ、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』ドラマ全体で

  • 校閲のお仕事ドラマ
  • 三角関係もアリそうな恋愛ドラマ

がうま~く切り替わりつつ混ざり合って良い味が出ているように思います。

せっかくの校閲を題材にしたドラマなので、お仕事モードに重きをおいているのはとても嬉しくて、演出家の佐藤東弥さんのさじ加減でしょうか。うまい!

第3話もネタバレしつつ本音の感想を書かせて頂きます。

石原さとみの演技が地味スゴ

石原さとみさん、どんどん演技が上手になってきますよね。

ドラマや映画にたくさん出演されている大女優さんなんですけれど、今の若さを最大限に活かした可愛さがあるので、今は今、そして年齢を重ねた時もどうなっていくか、ずっと楽しみな女優さんです。

『WATER BOYS』の頃から見てきましたが、年々魅力が増していってます。もう目が離せない。

実は、『5→9~私に恋したお坊さん』には演技は別として脚本や展開が全てガッカリだったので、今回の『地味スゴ』は大飛躍!

最終回に向けて、このままお仕事モードと恋愛モードをうまく切り替えて場面の空気感を変えながら盛り上げていって欲しいと思います。

秋ドラマってクリスマス辺りがラストなので、そこもまた楽しみだわ。

藤岩りおんをかばう河野悦子に涙ウルっときた

期待通り、校閲部のメンバーにスポットが当たっていくお仕事ドラマ系で満足!
今回は藤岩りおん(江口のりこさん)でしたね。

最初のビックリ衣装も笑えて良かったんだけど、コウエツ(石原さとみさん)にマイフェアレディしてもらった後、さすが女優さんですよね。
キレイな女性だったんだー!

若いだけの女に対して、“テツパン”について校閲らしいセリフでスカッとジャパンな展開♪

「S〇が趣味なんじゃないの~?」

に対してすかさず角野じゃねーよ!口調で

「じゃねーよ!」

って言ったのも(・∀・)イイネ!!

藤原りおんに

「ありがとう」

って言われた時も

「良いですよ~、私、髪の毛いじるの大好きなんで♪」

というリアクションも好感持てるわ。

頭にカーラー巻いたままの藤原りおんの表情とコウエツの啖呵に、思わず涙ウルッときました。

『地味スゴ』って、うまいね。メリハリありすぎ。

今後、幸人がコウエツに惚れてくのこの展開で納得!

啖呵切った後の
「なっ!」
可愛かったですね^^

【第3話】河野悦子と折原幸人の進展は?

河野悦子(石原さとみさん)が幸人(菅田将暉さん)に一方的に惚れて追いかける恋愛パターンかと予想していましたが、藤原りおんをかばう為に啖呵をきった姿を見て好感度アップしていましたので、展開が分からなくなってきました。

小説『犬っぽいですね』の出来栄えや、書くことにスランプ気味だったので、そこに本音で校閲する仕事ぶりと、最後の卓球シーンでのストレートな返しで、河野悦子のようなタイプの女性が幸人には合うのかも、と説得力ありました。

ベタな恋愛展開ではなくて、ちゃんとそこにも校閲が絡んでいるので、お仕事ドラマと恋愛ドラマのバランスがうまいと思います。

第1話では、お仕事モードに突き進んで欲しいと思っていましたが、第3話目にして自然と受け入れられるようになりました。

【第3話】森尾登代子と折原幸人との進展は?

バッサーとダースーのお部屋で寛いでいるシーン好きだなぁ。

腰に手をまわしてエプロンつけてあげるとか…

もうツボです!
良いなぁー!ドキドキしちゃいます。

森尾(本田翼さん)と幸人(菅田将暉さん)すっごいお似合いに見える!

この空気感、好きだわ。
もう森尾登代子と折原幸人で恋愛ドラマにしちゃお♪と思える。

菅田将暉さんの流し目と低音ボイス、くらくらする。良いなぁ。

…と、『地味スゴ』見ながらTwitterしていた感想をそのまま書いちゃいました(笑)

第1話からお似合いに見えた2人でしたが、パソコンを前にしてスランプ気味な幸人を見ていると、森尾のようなお茶を濁すタイプよりも、河野悦子のように思ったことをズバッと言えるタイプの方が合うように思えてきて。

でも、史上空前のパニックドラマとなる‼?第4話では、森尾と幸人のキスシーンがあるんですね。

わぁ…思った通りドロドロっとした三角関係が織り交ぜられてくるんだ。

お仕事ドラマとしても面白いので、次週もさじ加減しながらよろしくお願い致します。楽しみだぁ♪